ページの先頭です

会議

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

定例会と臨時会

港区議会は、毎年2月、6月、9月、11月の4回開くことになっています。これを定例会といいます。定例会は、本会議から始まり、委員会を開会し、最終日に本会議で議決するのが慣例です。その他、必要に応じて臨時会を開くこともあります。 臨時会は、区長が必要と認めるときなどに付議する事件(審査する内容)をあらかじめ告示した上で開かれます。付議する事件とは法令等に根拠のあるものをいい、辞職勧告決議など法令等に根拠のないものは付議する事件となりません。臨時会を開会するのための議会の招集は、すべて区長が行います。

本会議

本会議は、区の重要事項について区議会の意思を決定したり、 区の事務について質問等を行うために、 議員全員が議場に集まって行う会議です。

委員会

区議会で扱う問題は、幅広い分野にわたり内容も専門化しているため、 議員全員で審査することは困難です。このため、問題ごとにいくつかの部門に分け、 専門的に詳しく審査する「委員会」が設けられています。 「委員会」は、常に設置されている「常任委員会」、 「議会運営委員会」と、必要に応じて設置される「特別委員会」があります。 「委員会」は、いろいろな案件について細かな審査を行うため、 議会が開かれないときでも開会することができます。

常任委員会

所管に属する区の事務に関する調査を行い、議案や請願等を審査します。港区議会には4つの常任委員会があり、議員は必ず1つの委員会に所属します。委員の任期は1年です。

総務常任委員会(定数8人)

【所管事項】

総合支所に関する事項(企画経営部及び総務部の支援を受ける事項に限る。)並びに企画経営部、総務部、会計室、選挙管理委員会及び監査委員に関する事項並びに他の常任委員会の所管に属しない事項

保健福祉常任委員会(定数9人)

【所管事項】

総合支所に関する事項(保健福祉支援部及び子ども家庭支援部の支援を受ける事項に限る。)並びに保健福祉支援部及び子ども家庭支援部に関する事項

建設常任委員会(8人)

【所管事項】

総合支所に関する事項(街づくり支援部の支援を受ける事項に限る。)及び街づくり支援部に関する事項

区民文教常任委員会(9人)

【所管事項】

総合支所に関する事項(他の常任委員会の所管に属しない事項に限る。)並びに産業・地域振興支援部、環境リサイクル支援部及び教育委員会に関する事項

 

各常任委員については、「常任委員会別名簿」をご覧ください。

議会運営委員会(定数10人)

各会派の代表者によって議会の運営方法などについて協議します。委員の任期は1年です。

【所管事項】

  1. 議会の運営に関する事項
  2. 議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項
  3. 議長の諮問に関する事項

 

議会運営委員については、「議会運営委員会名簿」をご覧ください。

特別委員会

特定の事件を審査するため、必要に応じて本会議の議決により、臨時に設置される委員会です。その特定の事件の審査が終了すれば特別委員会は消滅します。

現在、5つの特別委員会が設置されており、各特別委員会では、特定の事件の調査・研究を行っています。また、港区議会では、予算の審査のための予算特別委員会や決算を審査するための決算特別委員会を設置するのが慣例となっています。

特別委員会委員については、「特別委員会名簿」をご覧ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?