ページの先頭です

か行

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

可決(かけつ)

委員会または本会議において、 提出された議案の内容を適当と認め決定することをいいます。

議案(ぎあん)

議会の議決を求めるために区長、議員が提出する案件のことです。

議員定数(ぎいんていすう)

議員定数とは、地方自治法によって各自治体ごとに決められた議員の定数のことをいいます。 この定数はその区の人口規模に応じて異なります。 また、議員定数は条例によって減少させることもできます。 これを「条例定数」といいます。 なお、地方自治法の改正により平成15年1月1日から、 議員定数は、法に定められた上限の数以内で、各自治体が条例で定めることになります。

議決(ぎけつ)

議会の意思決定のことをいいます。 可決、否決、修正可決の三通りの方法があります。

議決権(ぎけつけん)

議会には、区の意思決定をする機関として十分な活動ができるよう、 法律によっていろいろな権限が与えられています。 議決権はそのうちの一つで、 議会に提出された議案についての議会や区の意志が決められる権限のことをいいます。

継続審査(けいぞくしんさ)

本会議に提案された案件について、 提案された議会の会期中に何らかの結論が出なかった場合、 その案件は会期末をもって審議未了廃案となる「会期不継続」の原則があります。
しかし、案件によって、提案された本会議の会期中には、 どうしても結論を出すことができない場合があります。 その際には、閉会中に行われる委員会や次回の定例会でも引き続き審議ができるよう、 継続審査の議決をとる手続きが必要となります。 これにより廃案とならず、審議を続けることができます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?