ページの先頭です

東京都受動喫煙防止に関する条例に係る意見書

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東京都は、「東京都受動喫煙防止条例(案)」をラグビーワールドカップ開催までに施行するとしています。

平成29年9月に公表された「東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方」では、都民の健康増進の観点はもとより、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のホストシティの責務として、受動喫煙防止対策を一層推進していくことを目的に、対象となる施設の規制範囲や罰則の適用等が示されました罰則の適用等が示されました。

受動喫煙防止対策は、さまざまな分野の経済活動や区民の暮らしに広く影響を及ぼすとともに、関係事業者の理解と協力のもとで実効性が担保され、効果的な対策となるものです。

よって、港区議会は東京都に対し、受動喫煙防止条例(案)については、理解と共感を得られる条例となるよう、各区と十分協議するよう、強く求めるものです。

以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出いたします。


平成29年12月8日

港区議会議長  池田 こうじ


東京都知事  小池 百合子 様

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?