ページの先頭です

シティハイツ竹芝で発生したエレベーター事故に関する要請書

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成18年6月3日、シティハイツ竹芝におけるエレベーター事故により将来ある尊い命が失われたことは、港区議会としても遺憾のきわみであり、 事故の重大さを重く受け止めております。
事故発生以来、居住者の方々からは、エレベーターの安全性への不安や日常生活におけるさまざまな支障から、これまで数多くの苦情や要望が港区へ寄せられております。
このような中、港区議会は、行政とともに徹底した事故原因の究明と居住者の不安や日常生活における不便を早急に解決するため、 また事故の再発防止策を検討するため、緊急に「エレベーター事故等対策特別委員会」を設置し、集中審議を重ねてきました。
委員会では、居住者の方々の要望に万全の体制で対応するよう行政に要請するとともに、徹底した情報収集に努め、 事故原因の究明のため行政と一体となり取り組んでおります。
居住者の穏やかな生活を一日も早く回復するとともに、区民が安心して港区に住み続けられるためには、事故原因の早期解明が急務であり、 そのためには貴社の全面的な協力が必要不可欠です。
つきましては、港区議会として貴社に対し、以下の点について誠意をもって対応いただくよう要請します。

  1. 事故原因究明のため、港区及び港区議会が要求する資料、情報等について、警察の捜査終了を待つことなく、全面的に開示すること。
  2. 貴社の連絡体制を見直し、港区の要望や問い合わせに対し、迅速に対応すること。
  3. 緊急時はもとより不具合等のトラブルが生じた場合においても、貴社が派遣している技術者が速やかに区に情報を伝達するよう、体制を見直すこと。その際、貴社においても速やかに情報を収集し、対応策を講じること。
 
平成18年9月25日
港区議会エレベーター事故等対策特別委員会
委員長 井筒 宣弘

シンドラーエレベータ株式会社
代表取締役 ケン・スミス 様

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?