ページの先頭です

古川の治水施設の早期整備に関する要望書

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

古川は、両岸に建物が間近に迫るとともに上部に首都高速道路が設置されるなど典型的な都市型河川です。
古川の護岸につきましては昭和6年頃に工事が終了しており、老朽化が著しく早期の改修が望まれています。 このため、東京都においても、天現寺橋下流地区や白金公園地区などにおいて順次護岸の整備を進めております。
この間、平成16年10月の台風により床上浸水が5件、さらに平成17年の集中豪雨におきましても床上浸水の被害が発生しました。 また、昨年9月には、杉並区及び目黒区などにおいて、時間最大雨量百ミリを超える大雨が降り、河川から水があふれ多くの家屋等が床上浸水するなど甚大な被害が発生しました。 今後、古川においても、このような事態が発生することも十分に予想されるところです。
これらの水害は、都市化の進展に伴い、近年多発する集中豪雨時の急激な雨水の流入に、河川施設が必ずしも対処できていないことを示しており、 治水対策に遅れが生じているものと言えます。
つきましては、早期に水害の解消を図るため、東京都におきまして古川の治水施設の整備を早期に、また着実に進めていただくよう強く要望します。

平成18年3月17日
港区議会議長 岸田 東三

東京都知事 あて

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?