ページの先頭です

米軍へリポート基地に関する要請書

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東京の都心である港区の市街地に米軍基地(赤坂プレスセンター)が設置されています。このため、港区民とりわけ近隣住民は、ヘリポート基地の使用による騒音に悩まされ、事故発生の不安を常に抱えています。港区は、これまでも国や米国に当該へリポート基地の早期撤去を要望し、また、東京都に対し、臨時ヘリポート用地の原状回復・返還を求め、昨年2月にも東京都知事に米軍へリポート基地に関する要請書を提出したところです。
こうした中、去る1月12日、東京都は、「赤坂プレスセンター臨時へリポート問題の解決について」として、当該基地内の代替地返還による公園整備とヘリポートの共同使用に関する解決策を発表しました。
これは、港区と港区議会が長年求めてきた東京都、在日米陸軍及び東京防衛施設局による三者協定に基づく、臨時へリポート用地の原状回復・返還ではなく代替地の返還であり、この解決策を認めることはできません。また、ヘリポートの共同使用についても、緊急時及び災害時と限定していますが、米軍基地の機能拡大と恒久化に繋がることを強く懸念します。
東京都におかれましては、記者発表における「星条旗新聞社を含む米軍基地が都心にある必要はない」旨の、知事の発言にありますように、米軍へリポート基地の早期撤去に向け、更なるご尽力をいただくよう強く要請いたします。
 
平成19年1月24日
港区長 武井 雅昭
 
港区議会議長  岸田 東三
 
東京都知事  石原 慎太郎 様

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?