ページの先頭です

東北地方太平洋沖地震で被災された方々への支援に関する緊急決議

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

3月11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震は、国内観測史上最大のマグニチュード9.0を記録し、地震と津波による被害は甚大なものとなっています。
港区議会は区民を代表し、今回の地震と津波によって犠牲となられた方々に謹んで哀悼の意を表するとともに、被災地の方々に心からお見舞いを申し上げます。
今回の超巨大な地震・津波、その後に続く余震などに対して、いま、緊急に求められているのは、命の危険にさらされている方々、行方不明の方々の救助と捜索を行うこと、被災者への万全の支援、原子力発電所の災害や二次被害の危険を除去するために全力をあげ、安全を確保すること、救援の手が遅れて被害が拡大することがないよう迅速な対策が必要です。
そのために政府があらゆる対策を尽くすことと、被災地の方々の実態と要望に応える緊急支援を強く求めるものです。
港区議会は、今回の地震・津波・原発災害で被害を受けた方々を救援するために、物心両面でのあらゆる支援を行うとともに、被災地の方々の苦難に思いを寄せ、区民の先頭に立って全力で支援を行うことを表明します。
以上、決議する。
 
平成23年3月17日
港区議会

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?