ページの先頭です

北朝鮮の核実験強行に強く抗議し、世界の恒久平和を求める決議

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国際社会の強い警告にもかかわらず、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は、平成25年2月12日に、3度目の地下核実験を強行しました。
同国の核実験は「全ての核兵器及び核計画を放棄」し、これ以上の実験中止を求めた、一連の国連安全保障理事会決議に反し、「一切の核兵器および現在の核計画を放棄」すると合意した、米国、北朝鮮、韓国、中国、ロシア、日本による6カ国協議声明にも背くものです。
国際社会における核兵器全面禁止の流れに真っ向から反し、北東アジアと世界の平和を脅かす暴挙に強い怒りをこめて抗議します。
北朝鮮がこれまでの国際的な取り決めを守り、ただちに一切の核・ミサイル開発を中止すること、6カ国協議による対話と交渉に再度踏み出すことを求めます。
また、日本政府が被爆国として核兵器の全面禁止をめざし、あくまでも話し合いによる平和的・外交的解決のために全力を尽くすことを強く求めます。
港区は、世界の恒久平和の実現を目指して「港区平和都市宣言」を行い、我が国が、「非核三原則」を堅持することとともに、広く核兵器廃絶を訴えており、国際平和への切実な願いを踏みにじる北朝鮮の核実験実施を断じて容認することはできません。
よって、港区議会は、北朝鮮の核実験実施に断固抗議し、今後の核実験と核開発をただちに中止するよう強く求めるものです。
以上、決議する。
 
平成25年2月20日
港区議会

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?