ページの先頭です

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のトライアスロン等の競技会場をお台場海浜公園とすることを求める要望書

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年オリンピック・パラリンピック競技大会が東京で開催されることに決定されましたことは、スポーツを通じて世界の人々が国際交流と国際親善を深め、平和な社会の実現に貢献する、たいへん意義深いものであり、地域経済や地域社会の活性化につながる好機として期待されています。
港区においても、東京大会の開催は、未来を担う子どもたちにスポーツを通じた夢と希望、そして感動を与えられる素晴らしい祭典として、多くの区民が期待を寄せております。
とりわけ、港区のお台場海浜公園がトライアスロン等の競技会場に選ばれたことは、区民にとってたいへん喜ばしいことであり、大いに楽しみにしております。
現在、港区議会では、「東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会」を設置し、競技会場予定の台場地区の文化遺産及び自然環境の促進はもとより、世界中から訪れる方々が安全で安心して大会を楽しんでいただけるよう、行政と一丸となって、これまで進めてきた安全・安心なまちづくりの一層の強化に取り組んでおります。また、競技会場となるお台場海浜公園の清掃活動に港区議会議員も参加し、“おもてなし”にふさわしい環境づくりを目指して積極的に取り組んでまいります。
今後も港区議会は、全世界に白熱した魅力あるトライアスロン等の競技を届けるため、競技大会に参加する選手はもちろん、区民にとって記憶に残る最高の大会となるよう、区民や行政とともに最大限の支援・協力をしてまいります。
何卒、お台場海浜公園において、当初の予定どおりトライアスロン等の競技を開催されるよう強く要望いたします。
 
平成26年9月11日
港区議会議長 井筒 宣弘

一般財団法人
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長
東京都知事  あて

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?