ページの先頭です

フランス・パリ市での同時多発テロ事件に関する決議

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

去る11月14日(現地時間11月13日)、フランス・パリ市中心部のコンサートホールや北部のサッカー場などを標的に、一般市民を無差別に襲った残虐なテロ事件が発生しました。これまで120人以上が亡くなり、200人以上が負傷し、フランス国内はもとより、全世界に大きな衝撃をもたらしました。
こうしたテロという卑劣な行為は、世界に対する許しがたい暴挙であり、いかなる理由があろうとも、断じて許されるものではありません。
港区議会は、区民を代表し、この無法なテロ行為に怒りを込めて断固非難します。
ここに、全ての犠牲者の方々と、そのご家族・関係者の皆さんに深く哀悼の意を表するとともに、惨事に遭遇された多くの方々に心からお見舞いを申し上げます。
2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会と、東京では今後世界的な大会の開催が予定されており、これまで以上にテロ対策を強化し、テロの未然防止に万全を期すことが必要です。
いま求められているのは、国際社会が一致団結して、テロを絶対に許さないという強い信念を共有していくことです。
よって、港区議会は、政府に対し、人類全体の安全確保のため、本事件に関わる全容の早期解明及び新たなテロ事件の再発防止に向けて、全世界が総力を挙げて努力することを強く求めるものです。
以上、決議する。
 
平成27年12月4日
港区議会

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?