ページの先頭です

東京国際空港(羽田空港)における騒音対策を求める意見書

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東京国際空港(羽田空港)の機能強化については、学者・専門家で構成する国土交通省交通政策審議会の首都圏空港機能強化技術検討小委員会にて、平成26年7月に技術的な選択肢を取りまとめました。これをもとに8月26日には、国及び関係自治体や航空会社等の関係者で「首都圏空港の機能強化の具体化に向けた協議会」が開催され、羽田空港の新しい滑走路運用、飛行経路案が示されました。
離発着枠の拡大に向けて、南風運用時、港区上空を通過しながら滑走路に進入する案が示され、ピーク時には午後3時から午後7時まで1時間に31回、2分に1回着陸する計画です。
今回の飛行計画案では、港南地域上空455mを飛行することとなっておりますが、港区内には、六本木ヒルズや東京ミッドタウンなど、超高層ビルが林立し、品川駅周辺においては、今後も超高層ビルが数棟、建設される予定があることから、区民の生活環境への影響が懸念されます。
よって、港区議会は政府に対し、港区の実情をふまえ、下記事項の対応を講ずるよう強く求めるものです。
 

  1. 都心上空を通過する午後3時から午後7時にかけて南風運用時の着陸に際し、港区内各地域に騒音影響と不安を与えることが予想されます。
  2. このことから騒音の影響などを細かく調査するとともに、地域住民の意見を真摯に受け止め、不安の払しょくに努めること。
  3. 可能な限り、住民に影響を及ぼさないよう軽減策を検討すること。
  4. 国土交通省は港区と連携を密にとること。
以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出いたします。
 
平成27年3月17日
港区議会議長 井筒 宣弘

国土交通大臣 あて

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?