ページの先頭です

会議の原則を教えてください。

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

会議を民主的に、また円滑に運営するために、いろいろな原則があります。

定足数

会議を開いたり、議決にあたって必要とされる出席議員の数のことです。 通常は、議員定数の2分の1以上となっています。

過半数議決

議事の可否は、原則として出席議員の過半数で決めます。この場合に、賛成と反対が同数のときは議長が可否を決定します。過半数議決の例外として、議員定数の3分の2以上が出席し、4分の3以上の賛成が必要なもの(議員の除名処分など)や、3分の2以上の賛成を要するもの(区役所の位置の変更など)があります。

会議の公開

会議(本会議)は原則として、公開することになっています。例外として、出席議員の3分の2以上の多数で議決したときは、秘密会とすることができます。

一事不再議

会議で一度議決した案件は、同一会期中に再び審議することはできません。

会期不継続

定例会や臨時会の会期はそれぞれ独立しています。したがって、その会期中に議決に至らなかった案件は、会期の終了とともに消滅(廃案)します。ただし例外として、議決によって閉会中でも委員会での継続審査が認められます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?