ページの先頭です

区議会ではどのような仕事をしているのか教えてください。

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

区議会には、区民の代表として十分な活動ができるようにいくつかの権限が与えられています。(議決権調査権同意権意見提出権請願・陳情受理権)これらの権限にもとづいて、 次のような仕事をしています。

議案等の議決

区長や議員から提出された議案などを審議して、議決します。議決するおもな事項は次のとおりです。
  1. 条例の制定、改正、廃止をすること。
  2. 予算の決定、決算の認定をすること。
  3. 条例で定める工事、製造の請負契約や財産の取得・処分をすること。
  4. 副区長、教育委員、監査委員などの選任に同意すること。
  5. 区だけで解決できない問題について、国や都および国会へ意見書の提出をすること。
  6. その他、法律や政令、条例により区議会の権限に属すること。

区政の調査と検査

区議会は、区の仕事の全般にわたって事務が正しく行われているかを調査したり、報告を求めたりすることができます。また、事務の執行状況及び出納の検査をしたり、監査委員に専門的な監査を請求することができます。

意見書・要望書の提出と決議

生活環境の改善や福祉・教育の充実など区民生活に重要なことでも、区だけでは解決できないことが数多くあります。このようなときは、関係機関に「意見書」や「要望書」を提出して積極的な解決を求めています。また、政治的効果を期待して、区議会の意思を表明するため「決議」をします。

請願書・陳情書の審査

区議会では、区政に対するみなさんの意見や要望を請願書・陳情書として受理しています。受理した請願は、慎重に審査して、内容に賛成できるものは「採択」、そうでないものは「不採択」とします。また、内容によっては、請願の趣旨を「意見書」や「要望書」にまとめ、国や都に提出します。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?